心エコーは従来の循環器疾患の診断からstructural heart diseaseのカテーテル治療の適応、術中ガイドなどの治療介入にいたるまで、その役割やニーズが高まっています。

コース責任者:鶴田 ひかる
コース責任者:鶴田 ひかる
コース責任者:村田 光繁
コース責任者:村田 光繁

本コースの目標

大学病院ならではの豊富な症例を経験し、循環器疾患の正しい理解と心エコーで血行動態が理解できる医師をめざします

臨床カリキュラム

  1. 正確な診断を行うための心エコー検査スキルを学ぶ当施設では、心臓外科、循環器内科(カテーテル班、不整脈班)により、重症弁膜症、冠動脈疾患、閉塞性肥大型心筋症、心房中隔欠損症などの先天性心疾患に対する外科手術やカテーテル治療、心房細動や心室頻拍などの不整脈に対するカテーテルアブレーション、重症心不全に対する心臓再同期療法、特発性肺高血圧や2次性肺高血圧(膠原病性、慢性血栓塞栓性)症例に対する薬物治療、カテーテル治療などの、循環器疾患の中でもより高度で専門的な知識、技術を必要とする治療を行っております。当心機能室では、循環器内科専門医と心エコー図学会認定専門技師、専門超音波検査士が、これらの治療前後の心エコー検査を行い、治療にあたる医師とのdiscussionを通じて、最大限の治療効果を引き出せるようサポートすることを、日々の日常臨床の業務の要として行っております。心エコー検査は、正しい画像を描出して初めて正確な診断が可能となります。毎日、当検査室で施行した心エコー検査の診断、見直しを行い、診断に必要な知識と技術を身につけ、臨床を行う上での問題意識を高められるよう、トレーニングを行います。
  2. 経食道心エコーを修得し、Structural heart disease (SHD)カテーテル治療に参加します経胸壁心エコー検査を習得後、経食道心エコー検査を学びます。経食道心エコー検査は、カテーテルアブレーションや心臓外科手術前、Structural heart diseaseカテーテル治療の適応および術中ガイドに必須であり、治療の成否を左右するといっても過言ではありません。特に、最近その有用性が注目されているリアルタイム3次元心エコー法もいち早く取り入れ、解析を行っています。我々は、慶應義塾大学心臓血管低侵襲治療センターの一員として尽力しており(リンク)、希望する方にはカテーテル治療にEchocardiologistとして参加していただきます。
    3次元心エコーによるAmplatzer device画像
    3次元心エコーによるAmplatzer device画像
  3. 学会、講習会、研究会などへの参加日常臨床で経験した症例や臨床研究を国内外の学会、研究会で積極的に発表するとともに、講習会などの勉強会にも積極的に参加しております。外科治療、カテーテル治療の進歩はめざましく、治療適応が広がり、診断概念も変遷してきています。これに対し、心エコーによる診断技術も日々進歩し、最先端の技術を学ぶ姿勢が求められます。 技術を習得して、臨床の場で治療をサポートしながら、さまざまな心疾患における適切な診断法、治療効果判定、至適治療時期の検討などに関する臨床研究を行い、新たな見解の発信に努めています。
    イメージ画像
    イメージ画像

臨床研究テーマ

毎年約9000件の心エコーデータを蓄積し、遺伝性心筋症、肺高血圧、structural heart diseaseのカテーテル治療などの特殊症例含む豊富なデータベースから、最新の超音波技術を用いた臨床研究を学会や論文発表を通して日本、世界に発信します。また、国内の多施設共同研究や、心臓血管研究所などとの共同研究も行っております。

  1. 3次元心エコー法を用いた心機能解析従来の心エコー法による左室容積計測は、左室を球体および回転楕円体と仮定し一断面および二断面のみの計測値から概算して求めていた。しかし、局所壁運動異常を有する症例や、最近注目されている左房や右室などの特殊な形状を正確に評価することは困難です。これに対し、3次元心エコー法は任意の断面を正確に計測することが可能でありその有用性は確立されつつあります。我々は、これまで3次元心エコー法で計測した左房容積変化率が左室拡張機能や左室充満圧の指標であるE/E’と相関すること(Murata et al. Am J Cardiol, 2008)、また右室容積測定がMRI計測と良好な相関を示すことを報告してきました(Morikawa T, Murata et al. 2011)。現在、これらの研究を基に肺高血圧による右心不全患者の右室機能解析や左房機能の心不全における意義についての研究を進行中です。
    3次元心エコー法による右室解析
    3次元心エコー法による右室解析
  2. スペックルトラッキング法を用いた研究心エコーを用いた臨床研究では、臨床の現場で心機能指標に何が求められているのか、現在の診断方法では何が問題なのか、治療方針の決定にもっと心機能指標が役立つことができないか、といった問題意識をもち、解決のために何をすべきかを考えることが、最初のステップとして重要であると考えています。その一つとして、当施設では、近年導入されたスペックルトラッキングストレイン法を用いて、多岐にわたる心機能研究を行っております。 この方法では、心筋のスペックルを追従して心筋の配列方向の動きを詳細に解析することが可能となり、さまざまな心疾患における心筋収縮の異常を、従来の駆出率(EF)やドプラ法による評価よりも病早期から検出することが報告されています。また、薬物治療やカテーテル、外科的治療による心機能の変化をより鋭敏に検出することが数々の臨床研究で報告され、今後の臨床応用に向け、期待されています。 現在、心臓再同期療法の良い適応となる収縮同期不全の評価法や、心房細動例における左房ストレインとアブレーション治療効果、血栓塞栓症のリスク評価、大動脈弁狭窄症の症状と左室ストレイン評価、心房中隔欠損症の治療前後における心筋ストレインと拡張機能の検討などを行い、臨床を行う上で患者さんへの治療に役立てるよう、心機能研究を遂行、成果を発信することを心がけています。
    イメージ画像
    イメージ画像
  3. 心臓カテーテル班、不整脈班、肺高血圧班との共同研究当院では、各グループが最先端治療を実施しており、積極的に共同研究を行っております。カテーテルアブレーション後の洞調律維持と心エコー指標との関係やASD amplatzer device閉鎖術やPTSMA後の心機能変化に関する研究、また肺高血圧患の者前向き研究にも参加しています。

循環器を幅広く勉強したい、心エコー研究に興味をもっている、Heart Teamの一員としてがんばりたいなど、志しのある方お待ちしています!

イメージ画像
イメージ画像

ページの先頭へ