本年7月下旬に開催された日本心血管治療インターベンション学会(CVIT)の年次集会にて沼澤洋平君(82回生、現足利赤十字病院循環器内科副部長兼部長代行)を筆頭著者とする論文 “ Safety of transradial approach for percutaneous coronary intervention in relation to body mass index: a report from a Japanese multicenter registry ” が2013年度のCVIT学会賞に採択された。

 

 

 

 

ページの先頭へ