Apple WatchとCareKitを活用した患者ケアの臨床研究を開始

Apple Watchが測定する心拍数や活動量、iPhoneが収集する血圧などのヘルスケアデータを診療に活用する臨床試験を開始しました。慶應義塾大学医学部倫理委員会にて承認を受けた臨床研究として、木村雄弘を中心に行っています。

 

通院患者様にApple Watch、血圧計を貸し出し、ご自宅で測定された脈拍数、血圧、日々の活動データを診療のサポートに活用する試みです。気分や症状なども音声入力できるため、血圧手帳の記入や症状を記録する作業の軽減にも役立ちます。

 

また、Apple社のCareKitというフレームワークを使用し、患者様がお持ちのiPhoneやApple Watchで内服状況などを確認しています。CareKitの臨床現場への導入は国内で初めての事例であり、飲み忘れ防止のための内服手帳としての活用法を検証します。

 

本臨床試験を通じて、病院からご家庭での生活を見守ることによる診療の質の向上、安心感の提供を目標としています。今後、様々なウェアラブルデバイス、家庭用医療機器と連動することで、将来の遠隔診療の可能性に繋がることを期待しています。

 

 

ページの先頭へ