第71回日本心臓病学会学術集会にて関根乙矢先生がYIA(Young Investigator’s Award)最優秀賞を受賞

日時: 2023年9月9日

受賞者: 循環器内科 助教 関根 乙矢

受賞演題名:Seamless and Non-Destructive Monitoring of Extracellular MicroRNAs during Cardiac Differentiation and Maturation from Human Pluripotent Stems Cells

詳細: ヒトiPS細胞を用いた心筋再生医療は長年の研究開発を経て実現化の段階まで来ておりますが、移植用細胞の品質評価法の開発が課題としてあります。従来の一部の細胞を採取する品質評価方法では平面の培養系では移植に必要な細胞をすべて一度培養プレートから剥がす必要があり、また評価を行う細胞は破壊する必要がある為実際に移植する細胞自体の評価ができませんでした。そこで今回細胞から多量に分泌されるmicro RNA(miRNA)に着目し、培養上清中の特異的なmiRNAを用いて、移植後腫瘍化の原因となり得る残存未分化幹細胞の検出、中胚葉・心筋分化のモニタリング、心筋の成熟度の評価といった細胞の品質評価を非破壊的に全体の細胞の品質が評価できることを報告しました。本手法が心筋再生医療の実現化への障壁を克服する不可欠な手法となることが期待されます。

 

ページの先頭へ