市原先生が心筋虚血再灌流障害時の心筋レドックス代謝の破綻に関する研究論文を『Circulation Research』に発表

詳細:今回の研究では虚血再灌流障害を先進的な代謝解析技術により時空間的に詳細に解析することで、心筋細胞内で発生する活性酸素種及び酸化脂質の増加を防ぎ、フェロトーシスという心筋細胞の壊死を減らすことができる治療標的の同定に成功しました。この新しい治療法は、心筋梗塞の患者さんを救命し、その後の生活の質を高め、発病前の状態へ復帰するための重要な治療選択肢となる可能性があります。本研究は2023年10月28日に国際科学雑誌『Circulation Research』に発表されました。

論文名 MRP1-Dependent Extracellular Release of Glutathione Induces Cardiomyocyte Ferroptosis After Ischemia-Reperfusion

著者名(全員) Genki Ichihara, Yoshinori Katsumata, Yuki Sugiura, Yuta Matsuoka, Rae Maeda, Jin Endo, Atsushi Anzai, Kohsuke Shirakawa, Hidenori Moriyama, Hiroki Kitakata, Takahiro Hiraide, Shinichi Goto, Seien Ko, Yuji Iwasawa, Kazuhisa Sugai, Kyohei Daigo, Shinya Goto, Kazuki Sato, Kenichi Yamada, Makoto Suematsu, Masaki Ieda, Motoaki Sano

掲載雑誌情報Circ Res. Oct 11. 2023 doi: 10.1161/CIRCRESAHA.123.323517.

ページの先頭へ